その他の対処法

(目が充血したり、腫れる時)

1.目が充血する 2.目が腫れる
3.目やにが出る

1.目が充血する
 目が赤くなるのは、3つのタイプがあります。
 まず1つ目は白目の毛細血管が拡張して赤くなる充血で、まぶたの裏側も赤くなります。目やにや流涙が多く、アレルギー性結膜炎や細菌やウイルスの感染が疑われ、他の人に感染させる可能性が高いものもあります。目をさわらないようにして、眼科を受診して下さい。
 2つ目は黒目のまわりが一番濃く充血し、周辺に行くにつれて薄くなるものです。これは、角膜や虹彩、強膜(結膜の下の膜)の炎症が原因で起こり、視力障害を伴うこともあります。早めに眼科を受診して下さい。
 3つ目は結膜の毛細血管が切れて、結膜の下に出血を起こすための赤みで、血管が拡張するための充血と違ってべったりと赤くなります。原因はいろいろですが、目に物が当たったり、刺さったりする外傷が原因である以外は、あまりあわてなくても心配要らないことが多いです。こすらずそっとして、眼科を受診して下さい。

2.目が腫れる
 寝不足や疲労でも起こる症状ですが、病気では、麦粒腫・霰粒腫(ものもらい、めんぼと言われるもの)や結膜炎、目瞼炎、アレルギーなどで起こります。そっと冷やして、眼科を受診して下さい。

3.目やにが出る
 目やにには、水っぽい涙のような目やに、黄色っぽい目やに、どろっとした膿のような目やにがあります。結膜やまぶたがウイルスや細菌に感染すると、目やにの量が増えます。目やにから他の人に感染をさせますから、目をさわらないようにして、さわった後にはしっかり手を洗い、タオルうを家族と別々にして下さい。銭湯やプールへ行ってはいけません。内風呂も湯船に浸からず、シャワー浴にして下さい。眼科を受診して下さい。
戻る